みんなでもくもくプログラミングみんなでもくもくプログラミング

僕が高校生の時にあったら良かったのにという教室を作りました。

こんにちは、Make3の中野龍馬です。
僕がパソコンと出会ったのは高校1年生の夏でした。
親のお古のwindows98のノートパソコンと出会い、最初はExcelをやってみたけどまるでちんぷんかんぷんで「パソコン、面白くないな。」と思ったのが初めて。

そこから1年後、RPGツクールというRPGをパソコンで作るソフトに出会い、作ったゲームを色々な人に知ってもらいとなってホームページを自分で一から作り始めたところから僕のプログラマー生活ははじまります。

ホームページを四苦八苦して作れるようになると、次は掲示板をプログラミングして作り、社会人になってからは業務のソフトをExcel VBAで作り、独立してからは企業のシステムから自分が作りたいWEBサービスまで独学でどんどん作っていきました。
でもそこに先生はいません。

正直高校生の時のホームページを作り始めた時も、湖南市の甲西図書館で借りた本を頼りにやってみましたが背景の画像を変えるだけでも半日かかっていました。

また躓いた時にどうにかするには自分しかいません。
そんな時を振り返り、もし僕が高校生に戻ったときにどういうプログラミング教室があったら嬉しいか。

それが「現役のプログラマー」に「プログラマー」となれるところまで手ほどきしてもらいつつ、自分で作りたいものが作れるレベルまで寄り添ってもらえたらすごく嬉しかったんだろうなと思います。

現在日本中には多くのプログラミング教室があります。
その中でMake3では地方の中学生・高校生が「プログラミングをやりたい!」となった時に、横に寄り添いつつ何か困った時に助けてあげられて、学生の内に「作りたいものが作れるレベル」まで押し上げていける教室を目指しています。

プログラミングを学ぶだけではなく、プログラマーに本気でなれるスクール「Make3」。まずは湖南市教室としてスタートしていきます。
みんなでもくもくプログラミング

活動ブログを見る